大きくする 標準 小さくする

signalスタッフブログ

決断

投稿日時:2010/11/14(日) 16:35

みなさん、お久しぶりです!
 
代表の荒井貴成です。1班のチェアをさせていただきました。
 
 
さて、『フミダセ、ハミダセ。』から2カ月以上が経ったわけですが、参加者のみなさんはどのようにお過ごしでしょうか?
 
signalは活動休止という形になりましたが、スタッフのみんなもどんな毎日をおくっていますか?
 
僕は現在、就活の真っ最中といった感じです。
すでにいくつか選考に参加していたり、インターンシップに参加したりと、「就活大変ですね」とよく言われるのですが、未だかつて、こんなにもゆったりとした大学生活を送っていた時期はあったのかっていうぐらいです。予定的には決して暇ではありませんが・・・
 
signalとして『フミダセ、ハミダセ。』の準備をしていた時と比べたら本当に余裕シャクシャクです、肉体的にも精神的にも。
あの頃は、朝早くから学校にきて、終電で帰るといったこともしばしばで、企業だったら労働基準法に違反してるだろうという感じなのですが、それでも、全然嫌にならなかったんですよね。
 
どんなに忙しくても、どんなに辛いことがあっても、それ自体が本当に自分がやりたいことであり、その先にどうしても成し遂げたい思いがあるから、いくらでも頑張れる。
 
 
みんなにも是非、「どんな困難があろうと絶対に諦めず、成し遂げようと思える何か」を見つけて、本気で取り組んでみて欲しいと思います。
 
そして、それに取り組むと決めた時、自分の中で確かな「決断」をしてください。
「決断」の強さで、それが成し遂げられるかどうかが決まります。
 
三日坊主という言葉がありますが、それは「意志が弱いから」ではありません。
「決断」が弱いのだと思います。
 
 
決断とは、後を断つことです。
 
何かを選ぶこととは、その他の選択肢を捨てることだとよく言いますね。
何かを成し遂げるには、それくらいの覚悟が必要なのだと思います。
 
僕にとってsignalは「どんな困難があろうと絶対に諦めず、成し遂げようと思える何か」でした。
 
代表をやると決めた時、他の選択肢を断ちました。
絶対に成功させてやると覚悟を決めました。
 
終わってみて、もっとこうしたら良かったというものは数えきれないくらいたくさんあるけれど、全力を尽くせました。
 

人は正しい選択(決断)をすることはできないけれど、その選択(決断)を正しくすることはできる。
 
僕は自分の決断は正しかったのだと自信を持って言えます。
 
 
そんな「どんな困難があろうと絶対に諦めず、成し遂げようと思える何か」を是非探してみてください。
そして「これだ!」と思えるものがあったら決断してください。とにかく全力で取り組んでみてください。
 
 
その先に必ず、見えてくるものがあるはずです。


ちょっと偉そうなことを言ってしまいましたが、『フミダセ、ハミダセ。』で出会ったみなさんや、signalの活動においてかかわったみなさんの活躍を本気で願っています。

そして自分自身、みんなに負けないように成長していきます!


それでは、また勝手にブログを更新するかもしれませんが、とりあえずこれで最後のブログを締めくくりたいと思います。

みんな本当にありがとう

これからもよろしくね!


学生団体signal代表 荒井貴成

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2017年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログテーマ